芝ブログ

2019/4/1 9:00

「プラント解体の予算を抑えたい」――そのご希望にお応えします



神奈川県茅ヶ崎市を拠点に関東一円を中心として東日本エリア全体で工場やプラントの機器・機械類の解体、買い取りを手掛けている芝工業株式会社です。弊社の事業の特徴をご紹介する連載企画、前回の記事では「中古機械の買い取り」についてご紹介しました(http://shibakougyo.com/blog/16530)。

第2回である今回は、弊社のプラントや工場の解体工事についてご紹介します。なぜ安く解体できるのか、また施工の際に気をつけていること、などを「5つのメリット」としてご紹介しますので、施工業者をお探しの方はぜひご覧ください。

■芝工業のプラント解体工事の5つのメリットとは?
では具体的に弊社にご依頼いただいた場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。順番にご紹介いたします。



1.柔軟な対応で短時間での作業が可能
解体工事を依頼する際に多くの方が気にするのが工期の問題でしょう。解体後の予定が詰まっている場合は、スケジュールも急にならざるを得ません。業者によっては、下請けの会社に依頼をかける手間や警備会社の手配、養生の範囲を含めて工期を長く確保しなければ、施工できない場合もあります。どんなに急いで済ませたい工事があっても、社内規定が工期の障害となってしまうこともあるのです。

その点、弊社はお客様のご要望に柔軟に対応できます。急ぎのご依頼の場合は、必要最低限の作業だけを確実に済ませてから施工を進めますので、短工期で完工できるのが魅力です。もちろんすべての施工に対して、真摯に向き合いながら高いパフォーマンスを発揮します。

2.窓口と解体を担当する職人が同じ
1~2tを超える重量物や大型機械が関わる解体工事の際、窓口こそ自社で手掛けるものの、施工は3~5次請けに流す業者さんもいます。もちろん、幅広い要望に応えるために必要な工程だと思いますが、窓口と職人が違う人間の場合、意思の疎通や柔軟性にデメリットが出てしまう場合があるのも確かです。

弊社は窓口から施工までを同じ職人が手掛けます。顔が見えるので安心してご依頼いただけるでしょう。ご要望をしっかり反映させながら高品質な施工をいたします。



3.現場に応じて柔軟な施工が可能
必要最低限のスマートな解体工事が可能なので、予算を抑えつつ工期を短めにした施工が可能です。たとえば、4本のタンクを撤去する場合、社内の安全規定にもとづいて、4本とも解体してから搬出する業者は多くあります。しかし芝工業株式会社なら2本は解体して、スペースをつくってから残り2本をそのまま搬出するなどの融通を利かせることが可能です。その結果、工期とコストを軽減できます。

これもさまざまな現場で実力を磨いてきた経験があるからでしょう。ノウハウを生かして「その現場で最もお客様の役に立てる施工」を実現します。

4.1~2tクラスの大型機械にも解体から撤去、搬出までワンストップで
重量物があると「搬出・輸送は大丈夫かな?」と心配になって、地域の小さな会社には頼みにくい心理となることがあると思います。確かに中小の解体工事業者の中には、解体はできても輸送まではできない場合も多くあります。しかし芝工業株式会社なら解体から搬出、輸送をワンストップで手掛けることが可能です。



5.加えて買い取りと販売までに対応
解体から搬出、輸送までを手掛けると書きましたが、加えて申し上げるならば使える機器があれば買い取りができます。今後の鉄くずや雑品の処分規制でも有効です。

以前であれば室外機なども買い取ってもらえたと思いますが、現在廃棄代を払わないと引き取ってもらえなくなっています。
しかし弊社は買い取りのネットワークがしっかりありますので、買い取り可能です。解体費を一部相殺、またはコスト削減もできます。
詳しくは「機械買取・販売」のページをご覧ください(http://shibakougyo.com/purchase_sales)。


■東日本エリアの解体工事はお任せください
芝工業株式会社は神奈川県茅ヶ崎市を拠点に関東一円を中心として、東日本エリア全体でプラントや工場の解体工事ができます。予算、費用を抑えて解体工事をしたい方は、お気軽に弊社までお問い合わせください。

<芝工業へのお問い合わせ先>
TEL:0467-57-7252